交通事故過失割合のご相談は弁護士へ依頼して手続きを代行してもらいましょう。